外壁塗装の金額・適正・一括見積りサービス

外壁塗装の適正な金額を知るなら、無料でお手軽「一括見積りサービス」!

塗料のチェック

 

まずは塗料のチェック(おさらい)

 

 塗装の種類 耐用年数 防水性 伸縮性 美観 防カビ 備考
アクリル系塗料 5〜8年 紫外線に弱く、ひび割れしやすい。屋根などには不向きだが、安価なので、とりあえず、外壁の色を変えたい!という方にはオススメ
ウレタン系塗料 6〜10年 紫外線に強く、水はじきが良い。但し、防汚性では劣るため、「機能性」を追及している方にオススメ。
シリコン系塗料 8〜15年 紫外線・汚れに強く、親水性もあり、耐用年数も長いので、コスト・パフォーマンス的にも、現在、一番主流の塗料。但し、ウレタン系・シリコン系と比較して、それなりの費用がかかります。暫らくは建て替えをしない方にオススメ
フッ素系塗料 12〜20年 耐久性が最も強く、他の塗料と比較しても優れている面が多いです。しかし、高額です。これを選ぶなら、塗り替えも建て替えも当面しない!という方にオススメ

 

この4つの系統の塗料の他にも「光触媒塗料」という、汚れにとても強い塗料もあります。

 

但し、フッ素系塗料と同じく、非常に高額のため、一般家庭向けではハードルが高いものだと思います。

 

例えば、耐用年数だけで見るなら、フッソ系を選択せずとも、シリコン系塗料でも充分長持ちするという考え方もあります。

 

「この先、子供も増えて、増改築も検討しなくてはいけないので、取り急ぎ、傷んでいる箇所の塗り替えを」と考えているならば、わたざわざ、シリコン系塗料にしなくても、アクリル系塗料で済ませるという判断もあります。

 

業者に「いいものですよ〜。長持ちしますよ〜」と勧められるがままに選ばず、それぞれの特性予算感を踏まえた上で、塗料を選択しましょう。

 

 

外壁塗装の適正な金額を知りたいなら、無料で使える「一括見積りサービス」を!


「無料一括見積りサービス」をご利用頂けば、簡単に、70社以上の外壁塗装業者より、見積りを無料で取得できます。


>>入力はたったの5分! 外壁塗装の適正な金額を知りたい方はこちら