外壁塗装の金額・適正・一括見積りサービス

外壁塗装の適正な金額を知るなら、無料でお手軽「一括見積りサービス」!

塗装店選びの3つのポイント

 

検討している業者に、訪問しましょう!

 

塗装業者に来てもらい、見積りと、塗装工事の仕様書をもらう――

 

 

それだけで判断するのは、非常に危険です。

 

最初に見積りをもらい、ここだと決めた業者には、必ず、一度、その業者に訪問しましょう。

 

本当に、しっかりと対応をしてくれるのか?をその目で見極めるには、

 

「塗装業者の事務所に訪問」することでし、「内情」が一番良く解ります。

 

 

実際にお願いする業者が、単に営業だけを行っている会社かもしれません。

 

そういった業者は受注を受けたら、直ちにあなたの支払う塗装費用から、手数料をキッチリ抜いて、下請けに投げます。

 

下請けは、非常に安い費用で作業を行わなければならないので、手抜き作業になり―――トラブルへ・・・

 

となってしまっては元も子もありません。

 

ここで、「塗装業者に訪問した際にチェックすべきこと」を3点チェックして下さい。

 

 

塗装材料・塗装用具の置き場があるかどうか?

 

訪問した業者内に倉庫等があり、そこに塗装材料や用具がありますか?

 

あれば、その業者自体が、営業会社では無く、塗装作業をするところだと解ります。

 

もし、そうでないなら、単純に受注だけ受け、その後は下請けに出すような「営業会社」である可能性が高いです。

 

 

塗装業者が行政の許認可を受けているかどうか?

 

訪問した業者が県知事の許認可を受けている「塗装業者」か?を確認しましょう。

 

そういった認証は、会社内のそれなりに目立つところに(応接室内等)に掲げられているものです。

 

もし、見当たらない場合は、直接、「許認可を受けていますか?」と確認しても良いと思います。

 

県知事の許認可は、塗装業者に対して行っていますが、“塗装業”は、県知事から認可を受けなくても開業できます。

 

許認可を受けるには、長期間の現場の経験が無いと取れないようになっています。

 

許認可を受けているということは、それだけ実績を積んでいるという面で、「信用できる業者」としての、一つの基準となります。

 

代表者が職人かどうか?

 

代表者、もしくは見積りを出す担当者が、厚生労働大臣が認可している

 

「塗装技能士」の資格があるのか?を確認しましょう。

 

これも、「塗装業」の許認可と同様、認証は目立つ所に飾られています。

 

認証には、許認可を受けた人の名前が記載されています。その名前が、代表者を同じかどうかを確認すればOKです。

 

塗装業者も当然、利益を追求します。そうなると、経費を抑えようとするのは当たり前のことです。

 

(それ自体は、悪いことではありません)

 

そして、その経費削減方法の方針は、大体、その業者の代表者、もしくは、現場で一番権限のある担当者が決めるものです。

 

そうなると、代表者や担当者が現場の作業に詳しくないと、現場の状況が解らず、やみくもにコストカットに走ることが考えられます。

 

代表者や担当者が現場のことを良く熟知していれば、作業工程を解った上で、経費削減に関しても無理なく行うことができますので、安心して任せられる確率が高くなります。

 

 

以上、塗装業者に訪問した際には、3つのポイントを確認してきましょう。

 

 

外壁塗装の適正な金額を知りたいなら、無料で使える「一括見積りサービス」を!


「無料一括見積りサービス」をご利用頂けば、簡単に、70社以上の外壁塗装業者より、見積りを無料で取得できます。


>>入力はたったの5分! 外壁塗装の適正な金額を知りたい方はこちら