外壁塗装の金額・適正・一括見積りサービス

外壁塗装の適正な金額を知るなら、無料でお手軽「一括見積りサービス」!

塗装費用の7つのチェックポイント

 

塗装費用を確認する上で、まず、基本となる知識を身につけましょう。

 

以下、塗装費用をチェックする際の7つのチェックポイントです。

 

外壁の種類

「サイディング」「タイル」「モルタル」「土塗り」等、家によって外壁の種類もまちまちです。
当然、外壁によって塗料の種類も加工方法も異なってきます。
まずは、自分の家の外壁がどういったものなのかを知っておくことが大切です。 ⇒「外壁の種類」詳細へ

 

塗料の種類

塗料も、「アクリル塗料」「ウレタン塗料」「シリコン塗料」「フッ素塗料」と様々な種類があります。
また塗料の種類によって、価格も違いますし、塗料の性質により、適正があります。
それぞれの塗料の相場と、適正を知った上で見積り・仕様をチェックしましょう。 ⇒「外壁塗料比較」詳細へ

 

柱部分の状態

外壁の骨組みとなっている、柱の部分は、木や鉄だったりします。
柱の傷み具合により、修復の方法が異なってきます。
当然、損傷が激しく無ければ、洗浄と研磨で問題ありません。
しかし、特に傷みがひどい場合は、柱の交換で大工を入れたり、鉄部の腐植を抑えるため板金屋を入れることもあります。
当然、そこで、費用も上がってしまいます。
塗装工事の段階で、後々、追加とならないためにも、最初の段階で、傷み具合がどうなっていて、どのような工程で修繕しないといけないのか?をきちんと確認してもらいましょう。

 

足場の組み方

塗装作業をする際には、家の周りに「足場」を組まなくてはいけません。
その足場の組みやすさで、費用が変わってくる場合があります。
足場を組むための、充分なスペースがあれば問題無いのですが、隣の家と隙間が無く、足場を組むスペースが無いような状況だと、足場を組む作業のし辛さから、
作業費用が余計にかかる場合があります。

 

工期

通常の一軒家(60u〜100uの2階建て)を丸ごと外壁塗装をしるとなると、工期は約10日かかるのが普通です。
それよりも、極端に短い場合は、「手抜き工事」を疑った方が良いです。
塗装費用の大部分は「人件費」です。コストを抑えるなら、「人件費を削る=工期を短くする」のが一番てっとり早いということです。
結果、ずさんな仕上がりになり、後々トラブルになる場合があります。
工期の確認をしっかりしましょう。

 

下地処理

外壁を塗装する前に、下地処理(⇒下地処理のチェック)をしっかり行わないと、塗膜の剥がれ繋がります。
「高圧洗浄」「研磨」「シーリング処理」等、「下地処理」がきちんと行われるのかどうか?の確認をしましょう。
どこで何を行うのか?をきちんと仕様書をチェックし、疑問点があれば、遠慮なく確認しましょう。

 

重ね塗り

塗料を塗る回数は下地の種類や劣化具合によって、1〜4回塗ります。
通常は、「下塗り」「中塗り」「重ね塗り」と3回塗るのが基本です。
但し、損傷が激しく無い場合は、1回〜2回で終わったり、その逆に傷みが激しい場合は4回ということで重ね塗りの回数を調整します。
その基本を抑えた上で、それぞれの場所で、何回塗るのか?をチェックしましょう。

 

 

 

外壁塗装の適正な金額を知りたいなら、無料で使える「一括見積りサービス」を!


「無料一括見積りサービス」をご利用頂けば、簡単に、70社以上の外壁塗装業者より、見積りを無料で取得できます。


>>入力はたったの5分! 外壁塗装の適正な金額を知りたい方はこちら