外壁塗装の金額・適正・一括見積りサービス

外壁塗装の適正な金額を知るなら、無料でお手軽「一括見積りサービス」!

保証範囲の確認

見積りを取った際の確認として、「保証範囲はどこまでつくのか?」を確認しましょう。

 

基本、腕に自信のある業者ほど、保証はきちんとしてくれるものです。

 

「保証をきちんとしてくれる=腕の良い業者」ということで、塗装業者選びの一つの判断基準となります。

 

なので、「何を」「いつまで」保証してくれるのか?を確認しておくことが大切です。

 

但し、単に「保証期間は長ければ良い」ということではありません

 

「10年・20年保証します!」と提示されることもあります。

 

「自信があるのね。長いから安心ね」ではありません。

 

本当に10年後もこの会社はあるの?と疑わないといけません。

 

こういった、いい加減は保証を平気で出すところもあるのです。

 

そういったことを見極めるためにも、以下、保証を確認する上でのチェックポイントを抑えていきましょう。

 

 

外壁以外の塗装はがれ・ひびに保証は適用されるのか?

 

通常の補償は、外壁の塗装のはがれのみに適用されます。

 

しかし、下地処理がしっかりしていれば、ほぼ、「塗膜の剥がれ」は生じません

 

更に、「外壁のひび」といった、比較的ひびが生じやすいものや、

 

「木部や鉄部の塗装の剥がれ」「屋根の塗装剥がれ」等、

 

外壁以外の塗装に対して、保証が適用できるのか?を確認しましょう。

 

 

メーカーの保証なのか?塗装業者の保証なのか?

 

保証に関しては、「塗装業者が工事に対して保証するもの」と、

 

「塗料メーカーの塗料の品質に対して保証するもの」の2種類あります。

 

両方とも保証がついていることが望ましいです。

 

但し、メーカーの保証に関しては、

 

「用途にあった塗料を」、「適切な配合調整を行った上で」、「適切な下地処理を施した外壁に」

 

塗られていることで、初めて、耐用年数を発揮するものです。

 

その前提が無いと、いくら「耐用年数より短い期間で劣化したので保証して!」

 

と言ったところで保証がきかない場合があります。

 

ですので、両方とも保証がついているのが望ましいのですが、

 

まずは、塗装業者が、しっかりと保証してくれるのかどうかを確認しましょう。

 

 

保証期間は?

 

保証期間をきちんと確認しましょう。

 

保証期間に関しては、先に書いた通り、長ければ長いほど良いというものではありません

 

普通は「塗料の耐用年数」が上限です。

 

それ以後も保証するというのは、根拠が全くありません。

 

なのに、根拠もなく10年とか20年とうたっているということは、いい加減に保証しているだけで、

 

その会社が本当にその先まで存在するのか?ということを疑った方が良いです。

 

適当に営業し、短期間で受注を受け、荒稼ぎした後、雲隠れ・・・

 

そう考えている業者だからこそ、10年・20年と平気で言うのです。

 

もし、非常に長い保証期間であった場合は、実態のある業者なのか?確認しましょう

 

⇒詳しくは塗装店選びの3つのチェックポイント

 

 

 

保証に関してチェックすることで、真摯に対応してくれる業者なのかどうか?
という大切な判断基準になりますので、保証に関しては、必ずチェックするようにしましょう。

 

 

外壁塗装の適正な金額を知りたいなら、無料で使える「一括見積りサービス」を!


「無料一括見積りサービス」をご利用頂けば、簡単に、70社以上の外壁塗装業者より、見積りを無料で取得できます。


>>入力はたったの5分! 外壁塗装の適正な金額を知りたい方はこちら