外壁塗装の金額・適正・一括見積りサービス

外壁塗装の適正な金額を知るなら、無料でお手軽「一括見積りサービス」!

外壁の傷み方

外壁の傷み方には以下のようなものがあります。

 

ひび割れ(クラック)
ひび割れには主に2種類あります。

新築時、工事完了後にモルタルの成分から水分が蒸発していき、乾燥していきます。
乾燥すると、水分が入っていた空間が収縮して「ひび」ができます(乾燥クラック)。
また、同じく家の建築後、地盤の問題やその他生活環境の要因で、家がわずかながらゆがみが生じます。
その際に発生する「ひび」があります。
こういった「ひび」は、 家の建築後、10年程度で落ちついてきます。
ひび割れを起こすと、そこから雨水や菌が侵入し、基礎部分を腐植させる原因となります。
ひび割れはシーリング処理等、ひびを埋める処理を行うことでケアします。

サイディング壁のシーリング(コーキング)のひび割れ・傷み
外壁がサイディング加工されているものには、その継ぎ目にシーリングをしています。

そのシーリング部分にひび割れを起こすことがあります。原因は上記「ひび割れ」と同じです。
外壁塗装のひび割れと同様、雨水や菌が侵入すると、家の基礎そのものを傷めます。
シーリング材の補強か、シーリングの交換を行いケアします。

塗膜の剥がれ 塗膜そのものが、剥がれてしまうことがあります。

下地処理がしっかりしていて、きちんと塗装をしていれば、あまり、発生することは無いです。
しかし、これが発生すると、剥がれた塗膜部分から雨水や菌が侵入し、腐植を進めます。

色あせ・チョーキング 外壁がサイディングのものは、サイディングの色があせてきます。

また、チョーキングと言い、紫外線による塗装劣化が現任で、白っぽい粉が付着してきます。
サイディングの塗装の寿命のサインと言われてますので、ここで、外壁塗装の塗り替えを検討しましょう。
尚、塗り替えの際には、チョーキングの洗浄を忘れずに。
きちんと洗い落とさないと塗膜剥がれに繋がりますので注意しましょう。

汚れ 外壁にホコリやチリが付着して汚れとなります。

外壁塗装の際には、「高圧洗浄」でしっかりと、汚れをきちんと落としてもらいましょう。
洗浄が行き届かず、汚れが残ったまま塗装すると、後々、「塗膜の剥がれ」に繋がります。

カビ・苔 外壁のひびとは違い、今すぐ塗装をしなければいけないというわけではありません。

しかし、景観はあまり良くありません。
日光が当たらない、日陰面や、植物が近くにある外壁につきやすいです。
また、ツルツルしている外壁よりは、ザラザラしている外壁のほうが、比較的カビがつきやすいです。
塗り替えの際は、「汚れ」同様、高圧洗浄で、しっかりと落として、塗装をします。

 

 

外壁塗装の適正な金額を知りたいなら、無料で使える「一括見積りサービス」を!


「無料一括見積りサービス」をご利用頂けば、簡単に、70社以上の外壁塗装業者より、見積りを無料で取得できます。


>>入力はたったの5分! 外壁塗装の適正な金額を知りたい方はこちら