外壁塗装の金額・適正・一括見積りサービス

外壁塗装の適正な金額を知るなら、無料でお手軽「一括見積りサービス」!

外壁にも様々な種類があります。

 

ここで、あなたの家の外壁がどのような種類のものなのか?チェックしてみましょう。

 

サイディング

サイディングとは、1枚1枚、外壁に貼っていくボードのことです。

 

昨今ではモルタル壁に変わり、一軒家の外壁材としては、日本で一番、使用されているようです。

 

サイディングは、ボードとボードののつなぎ目にシーリング材(コーキング)をはめ込んでいます。

 

サイディングを塗装する際は、劣化して傷んでいるシーリングを補強・交換してから塗装をします。

 

尚、サイディングといっても、さまざまな種類があります。以下にその種類を説明をします。

 

窯業系サイディング

窯業系サイディングとは、木材やセメント等、「非金属系」の原料で製造されたサイディングです。
様々な種類のサイディングの中でも一番ポピュラーなものになります。
窯業系サイディングは、工場で出荷前に塗装処理をあらかじめ施しているものがあり、和風・洋風・レンガ調と様々な種類があります。

 

金属サイディング

金属サイディングとは、サイディングの表面にアルミやスチールを使ったものです。
材量が軽いのが特徴で、足場が組めないようなところに施工されることが多いです。

 

樹脂サイディング

塩化ビニル等、プラスチック系の原料で製造されたもので軽いです。
耐久性に優れ、熱の伝導率も低いので、非常に昨日的なものです。

 

木製サイディング

木製サイディングとは、その名の通り、木材を加工して製造されているものです。
木となると、「燃えやすい」となってしまいがちですが、最近では不燃性のものも販売されています。

 

 

モルタル外壁

セメント・水・砂を調合した「モルタル」を外壁に塗り乾燥させた外壁です。

 

その上から、塗装をして「モルタル外壁」を仕上げます。

 

特徴としては、「ひびが出やすい」ということが挙げられます。

 

モルタル外壁に関しては、仕上げ加工において、いくつか種類があります。

 

凹凸の度合いが違ってきますので、その分、塗料の使用量が変わってきます。

 

以下にその種類です。説明順に、凹凸が少ない⇒多いとなります。

 

吹きつけタイル

表面がくツルツルしている塗り壁です。
塗料も多く使用しませんし、ローラーで比較的簡単に塗ることができます。

 

ジョリパット

ザラザラ感のある塗り壁です。
凹凸は少ない方ですが、塗料は吹きつけタイルより使用します。

 

リシン

表面がツブツブと砂壁のように見える外壁です。
良く塗料を吸収するので、使用量が多くなり、塗るのに時間がかかります。
凹凸が多いため、カビ等も良く発生します。

 

スタッコ

リシンより、更に、表面が粗く凹凸も激しい外壁です。
非常に多くの塗料を使用しなければなりません。
上記3種と比較しても、手間と時間がかかります。

 

 

ALC

ALC(Autoclaved Lightweight Concrete)とは、 珪石、セメント、生石灰を原料とした、コンクリートパネルです。

 

パネルの中には鉄筋やメッシュが組み込まれていて、耐久性・断熱性を上げています。

 

このパネルを取り付けた後に現場で塗装をして仕上げます。見た目はモルタル外壁のような仕上がりになります。

 

 

その他

その他、「RC」「漆喰」「押出成形セメント板」等、外壁の種類はあります。

 

但し、現状、大半の家は上記のうちのいずれかの外壁になります。

 

 

 

外壁の種類をあらかじめ確認しておくことで、見積りを提示される際の参考になりますので、是非、抑えておきましょう!

 

 

 

外壁塗装の適正な金額を知りたいなら、無料で使える「一括見積りサービス」を!


「無料一括見積りサービス」をご利用頂けば、簡単に、70社以上の外壁塗装業者より、見積りを無料で取得できます。


>>入力はたったの5分! 外壁塗装の適正な金額を知りたい方はこちら